プロゴルフコーチ吉本巧 公式ブログ PRO GOLF COACH TAKUMI YOSHIMOTO OFFICIAL BLOG

ドライバーの飛距離が出る視野とは?

こんにちは。ゴルフコーチの吉本巧です。


この度新しくレッスンDVDを出して頂けることになりました。


過去のDVDの中で一番の自信作となりましたので、


ぜひ詳細を以下のページからご覧ください。


 ↓ ↓ ↓


99golf吉本巧監修『ドローボール・マスタープログラム』


※クリックすると詳細ページに移動します。


ドライバーの飛距離をUPさせるには、


インパクト時に、


・右目が左目よりも低い。


となるのが理想的です。


ゴルフスイングでは、上半身が前傾している状態で体が回転するため、インパクト時には、右目が左目よりも低くなります。


インパクト時に、右目が左目よりも低い状態から、さらに、フォロースルーにかけても右目が左目よりも低い状態を維持できるのが理想的です。


これはフォロースルーでも、上半身の前傾角度が維持された状態となるためです。


上半身の前傾角度が維持された状態のフォロースルーでは、右目が左目よりも低い状態になるため視野が傾いているのが理想的です。


フォロースルーでターゲット方向を斜めに見るイメージになります。


フォロースルーでターゲット方向が斜めに見えるということは、フォロースルーまで上半身の前傾角度が維持されているということになり、飛距離を出せる良い状態になります。


一方で、フォロースルーでターゲット方向が斜めに見えず、真っ直ぐ見える場合は、上半身の前傾角度が起きているということになり飛距離が出ません。


ぜひ一度クラブを持たずにシャドースイングを行い、フォロースルーで、


・右目を左目よりも低くする。


・ターゲット方向を斜めに見る。


を意識してください。


本日ご紹介した意識は、ラウンド中のドライバーのショット前の素振りに取り入れると飛距離アップの効果があります。


ぜひ試してみてください。


本日ご紹介した内容以外にもこちらのDVDで、


ドライバーの飛距離アップを実現させる方法をご紹介しています。


ぜひご覧になってみてください。


 ↓ ↓ ↓


99golf吉本巧監修『ドローボール・マスタープログラム』


吉本巧監修『ドローボール・マスタープログラム』

※クリックすると詳細ページに移動します。

>次の記事:ドライバーの飛距離をUPさせるショット直前の素振りとは?

<前の記事:デサントゴルフ着用レビュー「モバイルサーモ」


「ドライバーの飛距離が出る視野とは?」のトラックバック

トラックバックURL: http://99golf.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1285

  

コメントを投稿

※コメントは管理者の承認後に公開されます


Powered by Movable Type 3.35