プロゴルフコーチ吉本巧 公式ブログ PRO GOLF COACH TAKUMI YOSHIMOTO OFFICIAL BLOG

スイング軸を変えて飛距離をUPさせる方法とは?

こんにちは。ゴルフコーチの吉本巧です。


この度新しくレッスンDVDを出して頂けることになりました。


過去のDVDの中で一番の自信作となりましたので、


ぜひ詳細を以下のページからご覧ください。


 ↓ ↓ ↓


99golf吉本巧監修『ドローボール・マスタープログラム』


※クリックすると詳細ページに移動します。


ドライバーの飛距離をアップさせるには、


自分に合った、


・スイング軸


を見つけることが必要になります。


スイング軸は大きく分けて3種類あります。


(1)中心軸


(2)左足軸


(3)右足軸


の3種類です。


これら3種類の軸によって作られるスイングが、


(1)中心軸スイング


(2)左足軸スイング


(3)右足軸スイング


です。


一般的にレッスンなどで教えられているのは、


(1)中心軸スイング


です。


この中心軸スイングとは、


・アドレス時に腰の位置を両足のセンターにして構える。


・体のセンターを軸にして回転させる。


というスイングです。


ですがこの中心軸スイングは、


教科書的なもので全てのゴルファーが、


(1)中心軸スイング


で飛距離が出るわけではありません。


中心軸スイング以外の、


(2)左足軸スイング


のほうが飛距離が出るゴルファーもいれば、


(3)右足軸スイング


のほうが飛距離が出るゴルファーもいます。


(2)左足軸スイング


は、


・アドレス時に腰の位置を両足のセンターよりも左にして構える。


・左足を軸にして回転させる。


というスイングです。


インパクトでクラブの芯でボールを打てず、


飛距離が出ないゴルファーに適しています。


(3)右足軸スイング


は、


・アドレス時に腰の位置を両足のセンターよりも右にして構える。


・右足を軸にして回転させる。


というスイングです。

球が上がらず飛距離が出ないゴルファーに


適しています。


スイング軸は、


(1)中心軸スイング


だけでなく、


(2)左足軸スイング


(3)右足軸スイング


もあり、自分に合った軸に変えると、


飛距離が出ます。


ぜひ3種類の軸スイングを実際に試してみて、


自分に合った軸スイングを探してみてください。


どの軸スイングが最も飛距離が出るか、


の比較を行うのは、


比較環境が統一されているほうが良いので、


ゴルフ場よりも練習場のほうが


比較しやすくなります。


最初は練習場で試して、


その後ゴルフ場で実践してみてください。


本日ご紹介した内容以外にもこちらのDVDで、


ドライバーの飛距離アップを実現させる方法をご紹介しています。


ぜひご覧になってみてください。


 ↓ ↓ ↓


99golf吉本巧監修『ドローボール・マスタープログラム』


吉本巧監修『ドローボール・マスタープログラム』

※クリックすると詳細ページに移動します。

>次の記事:わずか3時間でスライスを克服できる最新スイング理論を公開

<前の記事:飛距離がUPする下半身の力の入れ方とは?


「スイング軸を変えて飛距離をUPさせる方法とは?」のトラックバック

トラックバックURL: http://99golf.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1281

  

コメントを投稿

※コメントは管理者の承認後に公開されます


Powered by Movable Type 3.35